離婚トラブルは弁護士に任せよう

My WordPress Blog
未分類

離婚のトラブル

離婚するには、夫婦の間でしっかり話し合わなければなりません。子供がいる場合には、親権問題や養育費などについても話し合う必要があります。離婚する前に十分に話し合っておかないと、後々トラブルになることがあるでしょう。

夫婦間で話し合いがつく場合は「協議離婚」となり、比較的早急に解決がつきます。夫婦だけでは意見が分かれて話し合いにならない場合は、弁護士などの第三者を入れて「調停離婚」を行うことになります。もし、離婚調停で話し合いが平行線となった場合には、裁判によって解決をはかることになります。

調停離婚は、家庭裁判所で行われています。調停委員が夫と妻の両方の意見を聞いて、離婚相談をまとめます。話し合いによっては離婚にならず、夫婦関係を修復する方向で話がまとまることもあるようです。また、家庭裁判所には「家事相談室」という部署があり、ここでも無料で相談を受けています。調停離婚を考えている場合は、家事相談室に相談してみてからの方が良いのではないでしょうか。

弁護士に離婚相談を行うのは、親権問題や養育費などについてトラブルになっている場合でしょう。具体的な問題について相談した方が、ハッキリした回答が得られます。どの弁護士を選んだらいいかわからないような場合は、「法テラス」に相談すると弁護士を紹介してもらえます。法律相談の窓口となっている法テラスでは、弁護士に依頼したいけれど経済的に余裕がないという人を支援しています。