離婚トラブルは弁護士に任せよう

My WordPress Blog
未分類

調停離婚とは

調停離婚で多いトラブル内容ですが、条件面の話し合いというよりは、片方が「離婚したい」と思っているのに対して、もう片方が「離婚したくない」と主張しているような場合です。また、子供がいる場合は、両親共に「親権がほしい」と思っている場合などです。まれに、両方が「親権はいらない」と考えているケースなどもあるようです。

調停離婚は、家庭裁判所の中の「調停室」という会議室のようなところで行われます。調停委員が夫と妻の間に入って、両者の言い分を聞き離婚調停を行います。調停委員を行っているのもまた、弁護士です。離婚調停では、夫と妻が顔を合わせて話し合うということはなく、片方の話を聞いている間、もう片方は待合室で待っているような状態です。双方を一緒にするとケンカになってしまうこともあるようで、それだけ冷静な話し合いが難しいということでしょう。

調停で必ずしも離婚になるということはなく、調停委員をまじえて話し合いを行った結果、夫婦がお互いにもう一度やり直したいという気持ちになることもあるようです。はじめから話し合いが決裂していてお互いが裁判を希望している場合でも、調停は行われます。しかし、相手が調停に出てこない場合には裁判となります。