離婚トラブルは弁護士に任せよう

My WordPress Blog
未分類

調停離婚とは

調停離婚で多いトラブル内容ですが、条件面の話し合いというよりは、片方が「離婚したい」と思っているのに対して、もう片方が「離婚したくない」と主張しているような場合です。また、子供がいる場合は、両親共に「親権がほしい」と思っている場合などです。まれに、両方が「親権はいらない」と考えているケースなどもあるようです。

調停離婚は、家庭裁判所の中の「調停室」という会議室のようなところで行われます。調停委員が夫と妻の間に入って、両者の言い分を聞き離婚調停を行います。調停委員を行っているのもまた、弁護士です。離婚調停では、夫と妻が顔を合わせて話し合うということはなく、片方の話を聞いている間、もう片方は待合室で待っているような状態です。双方を一緒にするとケンカになってしまうこともあるようで、それだけ冷静な話し合いが難しいということでしょう。

調停で必ずしも離婚になるということはなく、調停委員をまじえて話し合いを行った結果、夫婦がお互いにもう一度やり直したいという気持ちになることもあるようです。はじめから話し合いが決裂していてお互いが裁判を希望している場合でも、調停は行われます。しかし、相手が調停に出てこない場合には裁判となります。

未分類

弁護士に相談

弁護士へ離婚の相談依頼をするには、離婚問題を得意としている人を選びましょう。弁護士にも、得意なジャンルがあるようです。相談料は1時間につき、無料から1万円程度です。最初に相談を行ってみて、続けて依頼したい場合は弁護士事務所に申し込むことになります。

弁護士への依頼内容ですが、相手が不倫をした場合の慰謝料請求や財産分与、親権問題などで争っている場合です。離婚に同意してもらえない場合なども、弁護士を通して話し合いをすることになります。夫婦で話し合える場合は、協議離婚を行うことで円満離婚も可能です。弁護士を間にはさまないと話し合いにならない場合に、相談を持ち込むことになります。

さらに、裁判を起こすようなことになった場合は、弁護士に訴訟を依頼することになるでしょう。離婚するかどうか迷っている場合などは、家庭裁判所の「家事相談室」に相談してみるのも良いかもしれません。家事相談室は調停離婚の前の段階であり、離婚の相談にのってもらえます。どのような手順で離婚を進めればいいのか教えてもらえますから、連絡してみましょう。無料で相談できるところもありますから、いろいろ相談を持ち込んでみて最終的に離婚が決まってから、弁護士に正式依頼すると良いでしょう。

未分類

離婚のトラブル

離婚するには、夫婦の間でしっかり話し合わなければなりません。子供がいる場合には、親権問題や養育費などについても話し合う必要があります。離婚する前に十分に話し合っておかないと、後々トラブルになることがあるでしょう。

夫婦間で話し合いがつく場合は「協議離婚」となり、比較的早急に解決がつきます。夫婦だけでは意見が分かれて話し合いにならない場合は、弁護士などの第三者を入れて「調停離婚」を行うことになります。もし、離婚調停で話し合いが平行線となった場合には、裁判によって解決をはかることになります。

調停離婚は、家庭裁判所で行われています。調停委員が夫と妻の両方の意見を聞いて、離婚相談をまとめます。話し合いによっては離婚にならず、夫婦関係を修復する方向で話がまとまることもあるようです。また、家庭裁判所には「家事相談室」という部署があり、ここでも無料で相談を受けています。調停離婚を考えている場合は、家事相談室に相談してみてからの方が良いのではないでしょうか。

弁護士に離婚相談を行うのは、親権問題や養育費などについてトラブルになっている場合でしょう。具体的な問題について相談した方が、ハッキリした回答が得られます。どの弁護士を選んだらいいかわからないような場合は、「法テラス」に相談すると弁護士を紹介してもらえます。法律相談の窓口となっている法テラスでは、弁護士に依頼したいけれど経済的に余裕がないという人を支援しています。